柴犬をはじめから賢く上手に育てる

柴犬をはじめから賢く上手に育てるためのしつけ方と注意点をご紹介。

柴犬は、飼い主に従順で忠誠心が強いです。また、プライドが高く、頑固なところもあるので、飼い主さんがリーダーとなりしつけをしましょう。

子犬から飼う事になったら、家族でルールをしっかり決めておきましょう。はじめが肝心です。家に来た日から、トイレトレーニングはもちろん、「ハウス」も教えていきましょう。 「ハウス」させるために、サークルやゲージを用意し、置き場所を決めて、甘やかさずハウスさせるようにしましょう。

柴犬は賢いので、基本のしつけはスムーズに覚えてくれるでしょう。飼い主さんとに従属心が養えるよう、スキンシップをします。その時に、犬の嫌がる口や足先など、自由に触らせるようにしておきます。

しつけをする時は、一度にいくつも教えない事。怒らず、あせらずです。そしてダラダラとするのではなく、時間は短く繰り返しすることです。 「おすわり」や「ふせ」は比較的簡単です。それができるようになれば、「おて・おかわり」「ごろん」に挑戦してみて下さい。

犬を飼うと悩みもでてきます。とくに子犬の頃は、無駄吠えや物を噛んだり、夜鳴きをしたりという時期があります。 これは、社会性も低く、警戒心も強いためです。飼い主との信頼関係ができてくれば、落ち着いてきます。早いうちから、いろんな人や動物にあわせたり、物や音に慣れさせていきましょう。

しつけをする時、えさやおやつをご褒美にして教える事が多いです。 この時、あげすぎに注意して下さい。このご褒美も、1日のおやつ量になるのです。 肥満が心配なら、鶏肉のささみをゆでたものを代用しても良いでしょ。

ペットをかう人が増えています。とくに犬は人気ですね。ペットショップでは、マンションでも飼える小型犬の姿が多くみられます。柴犬も根強い人気です。 しかし、しつけができない飼い主さんも増えているようで、しつけ教室や幼稚園なども増えていますが、飼い主さんが勉強してしつける方が良いと思います。

犬を飼うという事は、その犬と共同生活を続けるわけです。「言う事を聞かないから」と途中で面倒がみられないなど、無責任な事はできないのです。 飼い主として、日常生活に必要なしつけは行いましょう。柴犬は利口なので、無理なく覚えてくれます。

広島市の犬しつけ教室って料金はいくら位ですか?